トップページ > ジックについて > 適材適所の心得

適材適所の心得

必要な人材とは
  • 必要な人材とは
  • 派遣先企業様が弊社に求める人材とは、 ”即戦力であり社会に貢献できる人材” であるといえます。
  • 弊社は、独自のスタッフ採用戦略から登録いただいた人材を、本人の 「 経歴・意向 」 のみならず、面接、研修を通じて適材適所を提案しております。
  • この時、派遣先企業様の意向に沿えないようでは本末転倒となりますので、弊社スタッフにも独自の ”人材育成研修プログラム”を定期的に行い、質を尊ぶ精神を全スタッフに浸透させています。
  • それぞれに合った職種を提案できることで、やり甲斐、生き甲斐を生み、結果的に派遣先企業様の業績アップに貢献できるという信念の元、実績を積み重ねております。
人材育成研修プログラム
  • 人材育成研修プログラム
  • 弊社の研修プログラムの1つで、募集スタッフのみならず、全ての社員を対象に月2回行っている研修の名称です。
  • 登録者の経歴・資格免許・居住環境・家族等の基礎データ、希望要項(職種、労働条件、職場環境等)・チャレンジ精神・資質(容姿、言葉遣い、対応能力、性格等)等の分類データを総合的にデータ化し、適材適所を実行できるよう ”人と企業を滴格に結ぶため” の独自研修です。
  • この研修を通じ、 ”適材適所 = 働くことの魅力” を弊社登録者に提供できるよう努力しています。

■人材育成研修プログラム概要■
目的 研修を通じて“適材適所=働くことの魅力”を弊社登録者に提供すること
内容 全社員対象に月2回の実施
登録者の経歴・資格免許・居住環境・家族等の基礎データ・希望要望(職種・労働条件・職場環境 等)・チャレンジ精神・資質(容姿、言葉使い、対応能力、性格等)等の分類データを総合的にデータ化し、適材適所を実行できるよう“人と企業を的確に結ぶ為”の独自研修です。